荒井研究室 造形を通して「創ること」を考える
学生へのメッセージ
モノづくりにおいては、造形力が作品の質を左右します。この研究室では手仕事から生まれる「形、色、質感の美しさ」を追求します。使う材料は金属から紙に至るまで多様ですが、各学生がテーマを決め、制作を通しながら造形について考えます。

形をとおして伝えたいことを表現するモノづくりにおいては感性と経験がたよりです。制作という経験から、学生の感性と根性が育てばと思います。


所属学生の卒業研究テーマ
・版画(シルクスクリーン、銅版画等)による表現の研究と制作
・木工および金工による立体作品の制作
・写真による表現の研究と制作
・各種素材を用いたイラストレーションの制作
荒井 俊也 教授
プロフィール
岩手大学で美術教育と彫刻を、東京芸術大学大学院で彫刻を学ぶ。教育学士・芸術学修士。ブロンズ鋳造による彫刻の制作を通して空間における表現方法を研究。日本基礎造形学会、日本デザイン学会所属。