鹿野研究室 価値創造と問題解決のための対話的表現
学生へのメッセージ
最新のテクノロジーに触れながら、人間の本質を多角的な視点で見つめ、問い、計画し、具体化するのがデザインの役割の一つだと考えます。そのために必要なのは、夢中になれるほどの「好奇心」です。好奇心を原動力としたワクワクするデザインを共に学びましょう。


所属学生の卒業研究テーマ
・価値創造・問題解決のためのツール/サービス開発
・空間を用いたメディアアート/インスタレーション
・情報デザインを伴ったビジュアライゼーション
梅田 弘樹 准教授
プロフィール
東北芸術工科大学で情報デザインとコンピューターグラフィックスを専攻。ワウ(株)でコマーシャル映像からソフトウェア開発、アートインスタレーションまでさまざまな分野のビジュアルデザインを手がける。これまで、国内外のデザインイベントや美術館などで、映像作品を多数発表。近年は、スマートフォンなど情報機器のユーザーインターフェイスのデザインにも取り組んでいる。日本デザイン学会会員。。