おしらせ詳細

2013/01/08
工芸Designの原点−仙台発・国立工藝指導所をめぐる物語−

昨年度までクリエイティブデザイン学科で教鞭をとられた庄子 晃子先生(東北工業大学 名誉教授)が監修する展示会が東北工業大学 一番町ロビー1Fギャラリーにて開催されます。
ぜひご来場ください。


EVENT INFORMATION
戦前に国の機関として仙台に設立された「工藝指導所」。ここでは、昭和7年に玉虫塗(現在は宮城県伝統的工芸品に指定)が発明され、昭和8年に指導者として訪れたブルーノ・タウトは、剣持 勇をはじめとした若手所員にデザインの理念や手法を伝え、後のインテリアや製品のデザインに大きな影響を与えました。本展では、工藝指導所に関わった人物に焦点を当てながら、新しいものづくりの姿をご紹介します。

■ 主催 : 公益財団法人仙台市市民文化事業団
■ 企画監修 : 庄子 晃子(東北工業大学 名誉教授)
■ 協力 : 独立行政法人産業技術総合研究所東北センター 他
■ 日時 : 1月11日(金)〜1月16日(水)
■ 場所:東北工業大学 一番町ロビー 4Fホール