専門知識を学ぶ充実した講義群 代表的なものを紹介します 講義

 

造形基礎論
デザイン作品や美術作品を例に、造形を構成する基礎的な要素について解説します。
プロダクトデザイン論 Ⅰ
製品デザインにはさまざまな対象があることを知り、その際に考えるべき社会背景やユーザーの要求などについて学びます。
プロダクトデザイン論 Ⅱ
プロダクトデザインの実態を知り、その上で実際にデザインを行う為の思考法、発想法、造形技術の必要性を理解します。
エクスペリエンスデザイン論
新しいデザイン分野である「エクスペリエンスデザイン」の重要性と魅力を、日常生活で触れている製品やシステムを通じて解説します。
ビジュアルデザイン論
ビジュアルデザインの基礎的事項について、作品事例から解説します。また特性や仕事の進め方を理解し、自らの適性についても考えます。
生産技術
製品デザインの際に用いる素材・加工・成形方法について理解し、アイデアを魅力的な形態と構成に結びつけるための生産技術の知識を学びます。
材料学
デザイン全般を行う上で必要な様々な材料の物理的・感覚的特性に関する基本的な知識を学びます。
エルゴノミクス
デザインを行う上で人間の諸機能とその特性を理解しながら、人間とモノとの関係について学びます。
映像・メディア論
映像・写真などについて、芸術とメディアの関係についてのあり様を解説します。さらに、現在的なメディアの状況を具体的な作品に触れながら立体的に解説します。
広告論
紙媒体・映像媒体・音声媒体等の多様な広告メディアの実情を知り、特性や表現方法をデザイナーの視点から解説します。
色彩論
生活の中で、色がどのように使われているか、色に関する仕事はどのようなものがあるかを概説します。また色彩の基礎と、人の感情への影響についても解説します。
道具と空間
ヒューマンスケールを理解した上で、モノづくりや空間デザインを行えるよう、サイズとの関わりや時間的要素について考えます。
情報デザイン論 Ⅰ
「ものごと」を形にする「情報デザイン」が生まれた背景や歴史、最新の動向を学びます。
エディトリアルデザイン論
エディトリアルデザインの基本構造を学ぶために、具体例を紹介しながら実践に結びつけて解説します。